紫外線による健康影響

紫外線が増加すると、水上・陸上の生態系や農業生産の影響のほかに、人への様々な悪影響も見逃せません。多くの研究により、紫外線を浴びすぎると人の健康に影響があることが分かってきました。国連環境計画がまとめた紫外線による人の健康への影響を表1、表2に示します。これらのデータはアメリカのデータに基づくものです。皮膚がんに関しては、日本人をはじめ有色人種は白色人種に比べて紫外線の影響が少ないことが分かっています。

紫外線が関係していると考えられる病気

急性
①日焼け(サンバーン)②雪目③免疫機能低下
慢性
<皮膚>①シワ(菱形皮膚)②シミ、老人班③良性腫瘍④前ガン症(日光角化症+悪性黒子)⑤皮膚ガン
<目>①白内障②翼状片

紫外線増加による健康への影響

皮膚がん

皮膚ガン
悪性黒色腫 その他の皮膚ガン
現在の発生率(全世界・1年間) 20万人 200万人
成層圏のオゾン層が10%減少した場合 +4,500人(+2.25%) +30万人(+15%)

白内障

白内障
白内障による失明(現在の状況) 1,600万人
うち、紫外線によると考えられるもの 20%
成層圏のオゾン層が10%減少した場合 +100万人(6%)

紫外線(UV)に関連する様々な情報をご紹介してますのでお役立て下さい