シックハウス症状群とは

シックハウス症候群とはどのようなことか

新築やリフォームした住宅に入居した人の、目がチカチカする、喉が痛い、めまいや吐き気、頭痛がするなどの<シックハウス症候群>が問題になっています。その原因の一部は、建材や家具、日用品などから発散するホルムアルデヒドやVOC(トルエン、キシレンその他)などの揮発性の有機化合物と考えられています。<シックハウス症候群>についてはまだ解明されていない部分もありますが、化学物質の濃度の高い空間に長期間暮らしていると健康に影響が出る恐れがあります。

建築基準法改正

シックハウス対策のための規制導入、建築基準法改正は平成15年7月1日に施工されます。シックハウスの原因となる化学物質の室内濃度を下げる為、建築物に使用する建材や換気設備を規制する法律です。対象は住宅・学校・オフィス・病院など、全ての建築物の居室となります。

生活上のチェックポイント

建築基準法さえ守ればシックハウス対策は十分、というわけではありません。住宅選びに当たっては、トルエン・キシレンなど他の化学物質対策もしっかりチェックしましょう。また、家具や防虫剤、化粧品、タバコ、ストーブなども化学物質の発生源となります。身の回りの日用品や換気など、住まい方にも充分気をつけましょう。

室内の換気はこんなところに気をつけましょう!

  • 24時間換気システムのスイッチは切らずに、常に運転するようにする。
  • 新築やリフォーム当初は、室内の化学物質の発散が多いので、しばらくの間は、換気や通風を十分行うよう心がける。
  • 特に夏は化学物質の発散が増えるので室内が著しく高温高湿となる場合(温度28℃、相対湿度50%超が目安)には窓を閉め切らないようにする。
  • 窓を開けて換気する場合には、複数の窓を開けて汚染空気を排出するとともに新鮮な空気を室内に導入するようにする。
  • 換気設備はフィルターの清掃など定期的に維持管理する。

化学物質の発生源はこんなところに気をつけましょう!

  • 新しい家具やカーテン、じゅうたんにも化学物質を発散するものがあるので注意が必要。
  • 家具や床に塗るワックス類には、化学物質を発散するものがあるので注意が必要。
  • 防虫剤、芳香剤、消臭剤、洗剤なども発生源となることがある。
  • 化粧品、香水、整髪料なども影響することがある。
  • 室内でタバコを吸うことは避けたほうが望ましい。
  • 開放型ストーブ、排気を室内に出す暖房器具(ファンヒーター等)の使用は避け、排気を外部に出すもの(FF式ストーブ等)など室内空気の汚染が少ない暖房器具を使用することが望ましい。