ルミクール1905広領域紫外線カットフィルム

ルミクール1905の特徴

紫外線カットの領域が広いルミクール1905は、IC製造工場など、精密加工分野で紫外線に反応する感光性材料を使用する工場に最適です。そのような工場では、一般の紫外線領域(300nm〜380nm)より広い範囲(300nm〜500nm)まで、外部からの紫外線を遮断しなければならないケースが増えています。

ルミクール1905は、窓ガラスに貼るだけで太陽光線、蛍光灯の光などのうち、300nm〜500nmの紫外線を99%以上カットし、感光性材料をガードします。また、従来のルミクールが持っているガラスの飛散防止性能も兼ね備えていますので、安全対策にも役立ちます。

ルミクール1905の耐光性データ

照射時間(hr) 0 300 500 1000 2000
可視光線透過率(%)(380〜780nm) 51 48 48 47 47
太陽光透過率(%)(350〜2100nm) 73 73 73 72 72
紫外線透過率(%)(300〜500nm) 1以下 1以下 1以下 1以下 1以下

3mm厚ガラス貼付後、サンシャインカーボンウェザーメーター照射。これらの数値は実測値で保証値ではありません。

光学的性能

品番 厚み 可視光線 紫外線 日射 遮蔽
係数
熱貫
流率
μm 透過率(%) 透過率(%) 透過率(%) 吸収率(%) 反射率(%) (W/uk)
1905 45 36 <1 59 34 7 0.80 6.0
3mmフロート板ガラス 90 71 86 6 8 1.00 6.0

上記の数値はJIS A 5759に基づき3mmフロートガラスに貼り付けた場合の実測値であり、保証値ではありません。
フィルム全厚とは、剥離フィルムを除いた厚みのことです。
可視光線透過率などの詳しい説明はガラスフィルム用語集のページをご参照下さい。

ルミクール製品ラインアップ

ルミクール | 飛散防止フィルム
地震・台風などの自然災害、飛来物や人体の衝突、過失や故意による加撃等、ガラスが割れる事態は突然起こります。飛散防止フィルムは、ガラス破損時の飛散防止に優れた効果を発揮する建築用フィルムです。透明で視認性を保ち安全性を向上させ、人体に有害な紫外線を99%カットします。
ルミクール | 防犯用ガラスフィルム
防犯性能の高い建物部品、ルミクール1561UHは、強力な粘着力と高透明多層ポリエステルフィルム構造にすることで、耐貫通性と耐衝撃性を向上させた強靭なガラスフィルムです。窓ガラス破りによる侵入を遅らせ、侵入をあきらめさせることが可能です。
ルミクール | 日射遮蔽フィルム
ルミクールの日射遮蔽フィルムは、夏場の直射日光を大幅に抑え、西日対策に最適です。ハーフミラータイプ・外貼り用ハーフミラータイプ・着色ハーフミラータイプ・カラー透明熱線吸収タイプ等、用途に合わせご活用いただけます。
ルミクール | 特殊機能フィルム
ルミクール特殊フィルムには、広領域紫外線カット・曇りガラスタイプ・外貼りマット・ポリカーボネート専用・不透明シルバー等、様々な環境に対して機能を発揮するウインドーフィルムです。用途に合わせてご活用下さい。
ルミクール | 広領域紫外線カットフィルム
紫外線カットの領域が広いルミクール1905は、IC製造工場など、精密加工分野で紫外線に反応する感光性材料を使用する工場に最適です。ルミクール1905は、太陽光線・蛍光灯の光などのうち、300nm〜500nmの紫外線を99%以上カットし、感光性材料をガードします。
ルミクールTOP
ルミクールTOPページ
仕切り線
株式会社ヤマヒラ